子宮筋腫の名医と手術と症状改善

子宮筋腫の名医と手術と婦人科病院や治療による症状の回復、子宮筋腫と妊娠の関係など

子宮筋腫の変性による痛み


【子宮筋腫改善スタイル】 わたしの子宮を元気にさせた法則

痛みを伴うことが少ない子宮筋腫変性が認められると状況が異なります。急性の痛みを持つのですが、変性が継続してしまうと一時的なものではなく、その間中継続することになってしまい、慢性化してしまうことすら見られますので、女性にとって大きなストレスになります。

子宮筋腫が多きくなりすぎると、十分に酸素や栄養が行き渡らなくなり、細胞が壊死してしまうことによって起こるのが変性です。症状がある場合には、婦人科の専門医に診てもらっておきましょう。場合によっては、鎮痛剤の処方などを受けることもあります。

一人で悩んでいたり、我慢したりしても根本的な解決にはなりません。その時には症状が治まっても、いつ再発するか分からないのですから、不安ばかりが募ることになりかねません。まずは病院に行って信頼できる専門医を見つけ、何かあった場合には診断を受けておくことが必要です。

必ずしも治療が必要な病気ではありませんので、子宮筋腫が変性を起こしても大げさに騒ぐ必要はありません。しかし、状態を正確に把握しておいてもらう必要があります。経過観察を続けるにしても、やはり詳しい情報は知っておいてもらう必要があるからです。

妊娠している時に子宮筋腫の変性が起こることもあります。このような場合には、妊娠だけでも過敏になっている中、心労がたたることと思いますが、できるだけリラックスして過ごすことが大切です。心配事を解決するためにも、しっかり医師とコミュニケーションを取って、正確な状況について理解しておきましょう。

出産までの間は、誰しも普段よりも神経が張り詰めてしまうものです。しかし、あまりストレスを溜め込んでしまうと、そのこと事態が胎児に悪影響を与えることになりかねません。できるだけ穏やかな気持ちを保つように心がけてください。気分転換の方法を持っていると、色々な場面で助かります。

子宮筋腫の名医は幻想か?


【子宮筋腫改善スタイル】 わたしの子宮を元気にさせた法則

子宮筋腫名医から手術や治療を受けたいと考える人は大勢います。その一方で、一般的な専門医と名医との間に、どれだけの違いがあるかを理解している人は少数なのではないでしょうか?

多くの人が、権威を求めて子宮筋腫の名医による手術や治療を受けることを熱望していますが、実際のところ、治療が困難でもない症状なら、そこまで熟達した技術や経験が必要とされないこともあります。ある意味で、子宮筋腫の名医を求めすぎることで、余計な手間を増やしていることもあるのではないでしょうか?

大切な体のことですし、女性特有の病気ということでデリケートな問題でもあります。それだけに気が抜けませんし、頼れる専門医を求めるのは当然のことです。その結果として、評判のよい婦人科を探したり、口コミで優秀な専門医を見つけようとすることになります。

これは自然な流れでしょう。できれば治療や手術は子宮筋腫の名医から、という気持ちも納得できるものです。ただ、あまりにも過大な時間や労力を使ってまで探しつづけるのはどうかという思いがあります。

すでに検査によって子宮筋腫の症状が見つかっているのなら、早い段階で治療を行うことが必要です。そのままにして放置しておくことによって、症状が進行して悪化してしまうこともあります。そのようなことを考えると、名医と呼ばれるほどに権威付けのされていない専門医であっても、まずは治療を受けておくことが効果的な場面もあります。

状況によって臨機応変な態度が要求されるわけですが、患者さんは闘病生活に慣れているわけではありませんし、一般に知識も乏しいため、最適な判断を下すのは困難です。子宮筋腫の名医が必要かどうかということに関しても、正確な判断は難しいというのが実態でしょう。

そうなると、婦人科で検査を行った際、症状の程度と合わせて治療の難易度についても説明するということが必要なのかもしれません。その結果として、子宮筋腫の名医の力が必要なのか、あるいは一般的な専門医で十分なのかといった検討を行うことができます。

ただし、子宮筋腫の名医が求められるのは治療が最初から難しい場合だけではなく、医療ミスの予防という観点からということもあります。この場合だと、やはり名医を主治医にすることが最善の策ということになります。

また、検査の結果が常に正しいとは限りません。たとえば、婦人科で検査を受けたものの、一般的な専門医では見逃しやすいものがあり、的確な判定が難しいことも考えられます。そうなると、子宮筋腫の手術や治療にも影響を及ぼしてきます。気付くのが後になれば、それだけ深刻な問題に発展する危険も増していくのです。

現代では検査の方法や手術、治療も研究が重ねられ、精度が高まっています。しかし、人体という複雑な構造を前にして、万能と呼ぶには程遠い状態であることも現実です。そのため、専門医選びに関しては、今後も慎重を期した方がよいように思います。

主治医のちょっとしたミスが、患者さんにとっては命取りになることが多々あるのです。そのような悲劇は防がなくてはなりません。口で言うほど簡単なことではありませんので、婦人科の体制や子宮筋腫の名医と呼ばれる専門医の存在を頼ることになるでしょう。

身体は一つだけですので、治療が上手くいかなかったからといって、代わりを探すわけにもいきません。場所が場所だけに、女性としての生き方にも関わってきます。子宮筋腫が妊娠や出産の可能性を奪うことだってあります。

女性にとって、妊娠や出産は人生の中でも大きな行事ですし、本人にとってだけではなく、家族にとっても大きな課題となります。そのため、手術で子宮の全摘出などを行えば、今後の人生に無視することのできない影響を与えることになります。

したがって、肉体を治療することはもちろん大切ですが、どのような人生を望んでいるかを婦人科病院に理解してもらう必要があります。子宮筋腫の名医であれば、患者さんの意向を汲み取ったうえで、最善の道を提示してくれるはずです。これまでにも多くの事例に立ち会ってきた経験が無駄になることはありません。

名医の条件として、子宮筋腫の手術の技術があるといったことはもちろん挙げられるのですが、それ以外にも、いかに親身になって患者さんの話を聞けるかということもあります。治療方針は一つだけではありません。患者さんの数だけ、正解はあるのです。それを無視していたのでは、本当の意味で患者さんにとって良い医療はないでしょう。

元の状態を復元することができるのであれば、ただ治療を行うだけでも良いでしょう。しかし、子宮筋腫の手術は、成功したとしても、体に影響を与えるものです。そのため、徹底的に話し合っておかなくては、後の人生を狂わせてしまうことにもなりかねません。

たとえ、それまでは深く考えていなかったとしても、これを機に人生設計を行ってみましょう。そうすることによって、子宮筋腫の名医との話し合いにおいても、スムーズに進むはずです。自分の心の内を整理しておくことが、相手に最良の選択肢を提示してもらうためにも必要なことです。

自分の考えがまとまっていないのでは、いくら子宮筋腫の名医と相談をしても、納得のいく答えは出ないでしょう。思慮が足りなかったことを、後になってから悔やむことにだってなるかもしれません。そのようなことを防ぐためにも、徹底的に考え抜くことが大切です。

納得のいく治療方針が定まれば、あとは症状の改善を待つだけです。それまでの間に、専門医との信頼関係が形成できていれば、心強い味方となるはずです。

子宮筋腫の名医を見つけることができたとしても、十分なコミュニケーションを取ることができなくては、信頼関係は生まれません。せっかく優秀な専門医を見つけることができたとしても、これでは効果半減です。そのようなことにならないように気をつけましょう。

子宮筋腫の腹腔鏡手術を名医から受けるために


【子宮筋腫改善スタイル】 わたしの子宮を元気にさせた法則

子宮筋腫の腹腔鏡手術を名医に執刀してもらうことで症状を完治させましょう。専門医の中でも高い技術力を持つ名医の力を借りることで、成功率を高めることができます。医療ミスを予防する上でも、主治医選びは大切な要素です。

開腹を伴う場合に比べ、子宮筋腫に腹腔鏡手術を行う場合には、肉体にかける負担が小さくてすみ、術後も短期間で回復が望めるため、入院期間も短縮できるというメリットがあります。他方で、開腹の場合よりも高度な技術が要求されます。

それぞれの方法にはメリットとデメリットもありますので、名医に相談して子宮筋腫の腹腔鏡手術を行うかどうかを検討するのがよいでしょう。専門医の経験によっても、最適な治療は違ってきます。下手に背伸びをして、失敗されたのではたまりません。

もし子宮筋腫の腹腔鏡手術を受けるなら、名医などの信頼できる専門医を見つけることが重要です。患者さんの立場としては、努力しようにも術中は何もできません。すべては専門医に任せることになるのですから、人選ミスだけは避けたいところです。

自信を持って子宮筋腫の腹腔鏡手術を成功させてくれる名医に執刀してもらい、症状を完治させましょう。病気を克服することで、新しい生活に踏み出すことができます。まずは、そのための第一歩として腹腔鏡手術を賢く利用してください。

婦人科の名医がいる病院


【子宮筋腫改善スタイル】 わたしの子宮を元気にさせた法則

婦人科名医がいる病院で子宮筋腫の手術や治療を受けることは、症状の改善に最善を尽くすために不可欠なことです。専門医の技量によって、結果に重大な違いが生じるのは当然のことです。それをどのように捉えるかを考えなくてはなりません。

できる限りレベルの高い治療を受けたいと考えるのであれば、婦人科の名医がいる病院を見つけることが必要になってきます。腕を磨くことを怠った専門医から子宮筋腫の手術を受けて、医療ミスでも起きたら悔やんでも悔やみきれません。

これは架空の話ではなく、現実に起こりかねない話なのです。婦人科の名医と呼ばれる専門医は限られています。病院選びをおろそかにすれば、ほぼ出会える可能性はないと思った方が良いでしょう。現実には、どこの病院でも安心して手術を受けられる状態ではありません。

終わることのない医療ミスの報道を見ても、それは分かるでしょう。もし婦人科の名医に手術を受けていたら、と後になって思い返したところで、時間をさかのぼることはできません。一度起きてしまった失敗を取り戻すことはできないのです。

人間の身体は一つしかないものであり、替わりがききません。だからこそ、患者さんの側でも万全の体制を整えておくことが大切です。後になって悔やむことがないように、信頼できる婦人科の名医を見つけておきましょう。

子宮筋腫の治療方針は、時としてその後の人生を大きく変えるものになります。手術の方法によって、たとえ子宮筋腫を完治させることができたとしても、身体には跡が残ることになります。

だからこそ、婦人科の名医にはしっかりと相談をできる雰囲気作りが求められます。患者さんが抱えている不安や悩みに真剣に耳を傾け、その人のためにベストな選択をできる環境を作ることができなければ、名医とは呼べません。ただ手術がうまいというだけでは足りないのです。

目先の症状だけではなく、それぞれの治療法を実施することによって、将来に与える影響について熱心に話し合うことができる婦人科の名医と出会えれば、少なくとも最善を尽くせたという実感を持つことはできるのではないでしょうか?

身体だけではなく、心も癒してくれる名医はなかなかいません。子宮筋腫の治療を婦人科の病院で受けようとする場合も同様です。しかし、明確な目的を持って専門医を探すことによって、それを可能とすることができます。信頼できる専門医を見つけ、症状を完治させましょう。

子宮筋腫を喰い物にした男


【子宮筋腫改善スタイル】 わたしの子宮を元気にさせた法則

子宮筋腫は手術なしで治ると、医師資格ももたずに医療行為をしていた男が逮捕されました。病気になれば、誰しも救いを求めたくなるもの。手術なしで子宮筋腫を治せるのであれば、それは魅力的な申し出でしょう。

そんな心理を巧みに利用し、女性の弱味に付けこんでいたのですから、許せるものではありません。中には歩くことができなくなった女性もいるというのですから、言語道断です。

安全な治療を受けるためにも、しっかりした婦人科の病院に行きましょう。子宮筋腫は手術だけが治療の方法ではありませんし、手術を行う場合であっても、それほど危険ではないことが大半です。もちろん、子宮の摘出や、今後の妊娠・出産の可能性などで割り切れない思いを抱えることもあると思いますが、専門医と徹底的に話し合い、最善の策を見つけましょう。くれぐれも、怪しい業者の餌食になどならないでください。

(以下、Yahoo!ニュースより引用)
「子宮筋腫は治る」ニセ医師ら4人逮捕 千葉・市川
10月15日16時6分配信 産経新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081015-00000119-san-soci
 「子宮筋腫は手術しなくても、もんだら治る」とうたい、医師資格がないのに触診などの医療行為を繰り返したとして、警視庁生活環境課は15日、医師法違反(無資格医業)容疑で、千葉県市川市の東洋理学治療センター小松理学院の元名誉院長、小松忠義容疑者(67)=同県船橋市本中山=ら4人を逮捕した。

 同課によると、小松容疑者らは「子宮筋腫が手で小さくなる」などと題した本を自費出版。平成10年の小松理学院開設以降、約300人に医療行為をしていたとみられる。

 調べでは、小松容疑者らは昨年6~12月、小松理学院など2カ所で、子宮筋腫の治療をしに訪れた女性9人に対し、腹部をもんだり症状を聞いたりする医療行為をした疑い。腹部をもんでも医学的効果はないといい、強くもまれることであざができ、歩けなくなった患者もいるという。

子宮筋腫は手術後に注意


【子宮筋腫改善スタイル】 わたしの子宮を元気にさせた法則

子宮筋腫手術後、すぐにでも完治して健康に戻った気分になるかもしれませんが、実際のところ、生活には制限がつきますし、筋腫核を摘出した場合には、再発を懸念して検査をすることになります。したがって、すぐに完全回復というわけにはいきません。

事前に婦人科の名医と子宮筋腫の手術後の回復過程や注意点については確認しておくことが必要です。たとえば、痛みが出ることがありますが、どの程度の期間になるのか、痛みがひどい場合の鎮痛剤の処方などはどうするのかといったことです。

手術後に妊娠や出産ができなくなることもありますが、それに気持ちを捕われないで生活することを一般的には勧められます。たしかに子宮筋腫の手術後に摘出してしまったことを悔やんだところで、戻ってくるものでもありませんし、気持ちが落ち込むことで体にも悪影響を及ぼすこともあります。しかし、女性としては無視できない問題ですし、気にしないようにと心がけたところで、実際に注意が向かなくなるわけではありません。そんな時には、他の方の体験談をネットで探してみてはいかがでしょうか。他の方がどのように同じ問題を克服していったかを知ることは参考になります。

人によって手術後の経過については個人差がありますが、勉強になるところもあるはずです。婦人科の名医とは異なる立場からの意見に接することができるため、抱えていた悩みが軽くなるかもしれません。

その他に、気になることや異常を感じることがあったら、主治医に相談するようにしましょう。それによって、手術後に癒着が生じていることが分かるようなケースもあります。

多発性子宮筋腫とは


【子宮筋腫改善スタイル】 わたしの子宮を元気にさせた法則

多発性子宮筋腫とは、筋腫が子宮内の色々な場所にできてしまっているものです。複数になってしまうため、多発性は悪性度が強いのではないかと感じる方もいるとは思いますが、実際には子宮筋腫の8割の方は多発性ですので、一般的なことと考えてしまってもよいでしょう。したがって、治療においても特別に困難な場合ばかりではありませんので、通常の場合と同様に婦人科の名医とよく相談して治療法を決定しましょう。

ただし、多発性の場合には数が多くなると、筋腫核手術を行って取り除ききれなかったものがある場合、再発を引き起こすきっかけになりかねません。したがって、慎重な対応が必要になります。全摘であればそのような心配はなくなりますが、妊娠や出産ができなくなることもありますので、強い抵抗感を持つ方も多くいますので、むやみに勧められる方法ではありません。

UAEを用いるという選択肢もあります。UAEとは子宮動脈塞栓術のことで、手術なしで治療することができる方法であり、多発性子宮筋腫にも用いることができます。したがって、手術以外の選択肢についても十分に検討した上で、最善の方法を決定するようにしましょう。

子宮筋腫の体験談


【子宮筋腫改善スタイル】 わたしの子宮を元気にさせた法則

子宮筋腫体験談の中には、妊娠や出産について切実な悩みを抱えている方の思いが綴られていることがあります。実際、患者さんの中には同様の悩みを持っている方も少なくないでしょう。体験談に書かれていることが特別なわけではなく、幅広い範囲の方に共通して当てはまることだと思います。適切な知識を身につければ、過度に怯えることも少なくなりますが、それでも不安が完全に消えるわけではありません。

そんな時、子宮筋腫の体験談を通して、他の方が無事に出産するまでの経緯を知ることは、気持ちを前向きにするために有効ではないでしょうか。婦人科の専門医と話し合うことや、丁寧な説明を受けることだけでは解消できない感情面での問題も、同じ婦人病にかかった女性の経験を知ることによって、和らげることができるはずです。自分も同じようにうまくいくと感じることができれば、冷静になれるでしょう。

ただでさえ、妊娠している状態はナーバスになるものです。そこに子宮筋腫が重なってしまえば、敏感になるのは当然です。体験談を読んでいても、肉体的な問題のほかに、精神的な葛藤が大きな障害となっていることが良く分かります。コンピューターと異なり、人間には感情がありますので、感情を上手にコントロールして味方につけられるかどうかによって、大きな差が生まれます。体験談によって、上手に気持ちを落ち着けることができれば、それだけ治療にも身が入ります。

他にも、子宮筋腫の名医を体験談の中に見つけることもあるでしょう。もっとも、その体験談を書いている方にとっての名医が、一般的に婦人科の名医と呼べるほどの実績や実力があるかは保障されていませんが、参考にはなります。病院名までは書かれていないこともありますので、たどり着けない場合もありますが、地域などが限定されていると、調べれば分かることもあります。上手に体験談を活用することで、症状の改善や気持ちを落ち着けることにつなげましょう。

子宮筋腫でも出産はできる


【子宮筋腫改善スタイル】 わたしの子宮を元気にさせた法則

妊娠中に婦人科検診をして告知をされた場合、子宮筋腫のために出産ができなくなるのではないかと感じた方もいると思います。ただでさえ色々なことに敏感になっているタイミングですので、不安もひとしおでしょう。幸いなことに、子宮筋腫でも出産をすることは可能です。中には、特に影響を受けることなく無事に子供を分娩できる場合もあります。影響の有無については、筋腫の大きさや位置、種類によって異なりますので、それらを正確に把握することが、安全な出産の第一歩となります。

子宮筋腫が出産に影響を及ぼす場合としては、たとえば経膣分娩が難しくなるために、帝王切開が必要となる場合があります。事前に予測できることばかりではありませんが、分かっていることについては、明確にしておきましょう。曖昧なところが多いと、それだけ心細くなります。健康な方でもマタニティ・ブルーになるぐらいですから、1人で不安を抱え込むことよりも、お世話になる産婦人科や婦人科の名医とよく話し合って、今後の見通しについて確認しておきましょう。心配していることがあるのなら、包み隠さずに打ち明けておくことも大切です。

現代の日本においては、初潮の早期化や出産の高齢化で子宮筋腫になりやすい土壌ができています。これは発症の原因と考えられているエストロゲン(女性ホルモン)の働きによるものです。こうした背景により、妊娠中に告知を受ける方も少なくありません。しかし、必ずしも出産に深刻な影を落とすものではありませんし、むしろ精神的なショックによって母体と胎児が受けるダメージが大きくなってしまうことも危惧されます。悩みは1人で抱え込むより、名医の力を借りて乗り越えるようにしましょう。

子宮筋腫と漢方


【子宮筋腫改善スタイル】 わたしの子宮を元気にさせた法則

子宮筋腫漢方による治療を取り入れることで、病院での手術やホルモン療法などでは得られなかった効果を得ることができる場合があります。現在、医療の中心は西洋医学ですが、東洋医学や漢方を見直す動きも出てきています。病院によっては、病気に合った漢方を積極的に処方していることもあります。ただし、そのような病院はまだまだ多いとは言えませんし、子宮筋腫に漢方を用いる場合には、薬局で購入することが多いでしょう。

では、漢方を処方してもらう場合には、どのような注意が必要でしょうか。まずは、薬局で十分に話を聞いてもらい、症状や体質に合ったものを用意してくれるかどうかが大切です。子宮筋腫であれば漢方はこの処方と画一的に決めているようなところは信用できません。本来、患者さんごとに最適な処方と思われるものに調整するはずですので、カウンセリングに手間隙をかけてくれることは、薬局選びの際の基準となるでしょう。

また、病院選びや名医を探すために情報を収集するように、漢方で子宮筋腫が治ったという方が、どこで処方してもらっていたかを調べてみるのもよいでしょう。実績を参考にするのは、病院選びだけに限定する理由はありません。心当たりがあれば知人に話を聞いてみるのもいいですし、インターネットで調べてみるという方法もあります。遠くだと不便ですので、近場で探した方がよいでしょう。ネットを介して症状についての説明を受け付けている漢方の薬局もありますので、そういったところを利用するのも選択肢の1つです。

また、漢方を使う時には、子宮筋腫の治療を担当している主治医に報告しておいた方がよいでしょう。主治医とは情報を共有するために、日頃からコミュニケーションを図っておくことが大切です。助言をもらえることもありますので、一言伝えておきましょう。

子宮筋腫と病院


【子宮筋腫改善スタイル】 わたしの子宮を元気にさせた法則

子宮筋腫になったら病院で検査や治療を受けることになります。症状によって対処の仕方は異なりますが、例えば手術を行うことになっても安心して任せられる病院であるかどうかは、重要な基準になります。女性のデリケートな病気ですから、病院にも対応には慎重さと繊細さが求められることも無視できません。子宮筋腫で悩む患者さんの気持ちを病院が踏みにじるようでは、主治医と二人三脚で回復を目指すことなどできません。

たとえ婦人科の名医と呼べるような医師はいないとしても、誠心誠意、子宮筋腫の治療を行おうとして病院であれば、納得して任せることができるという患者さんも少なくはないと思います。必ずしも名医がいなくては症状が改善しないというわけではありませんし、一定以上の力量があれば問題ないというケースが大多数です。そうした意味では、過剰に名医にこだわるよりも、病院の姿勢や環境に重点を置いて考えてみるのも一つの方法ではないでしょうか。

これまでの実績や評判は判断のための大切な基準になります。病院によって、子宮筋腫に力を入れている場合もあれば、他の病気を得意としている場合もあります。しっかり見極めることによって、本当に良質な医療を受けられるようにしましょう。病院選びは、患者さんにとって権利の行使でもありますし、医療ミスなどから身を守る自己防衛としての役割も担っています。

子宮筋腫の痛み


【子宮筋腫改善スタイル】 わたしの子宮を元気にさせた法則

子宮筋腫痛みを引き起こすのは、症状だけではなく、治療による場合もあります。誰も痛みを引き受けたくはないものですが、避けられない部分もあります。むやみに怖がるよりも、適切な知識を得ることによって、実態を正確に把握することが大切です。

まず、痛みが子宮筋腫の症状として現われる場合には、月経時であることが多く、腰痛として生じる場合もあります。今までの月経痛よりも悪化していると感じる場合には、発症の可能性がありますので、婦人科で検査を受けておいた方が良いでしょう。早期発見をしておくことは大切なことです。痛みを我慢するよりも、鎮痛剤でコントロールした方が良い場合もあります。また、子宮筋腫の変性が起きると、急性の激しい痛みが起こります。一般的には一時的なことが多いものの、変性が長期化すると、その期間痛みも続くことになります。

妊娠によって筋腫に十分な血液が供給されないことが原因で、妊娠中に子宮筋腫が痛みを引き起こす場合もあります。その場は収まったとしても、必ず医師に報告し、診断を受けるようにしておきましょう。軽く考えてしまうと、問題が大きくなることもあります。特に妊娠中は、医師とコミュニケーションを頻繁に取り、情報を共有することが欠かせません。

また、術後に痛みが生じることもありますので、子宮筋腫の名医とよく相談しておくようにしましょう。事前に説明を受けておけば、ある程度は覚悟しておくこともできます。問題を1人で抱え込むより、婦人科の名医と共に闘病していくようにして下さい。